マーケティングアドバイザー、坂田兼一先生

マーケティングアドバイザー、坂田兼一先生のクラスを受けての帰り道。
関係ないけど、音楽が聴きたい。ビリージョエル。言いたいこと満載の歌詞。
英語だけど、メッセージ性強いなー。はっきりと表現している。気持ちや感情が伝わる。
ビリージョエルは若い頃から鬱病やアルコール依存で自分自身と葛藤し、
ニューヨークやイギリスから世界的に成功したアーティスト。
オーネスティ、ピアノマン、アップタウンガール。
流行った裏で病んでいた。
自分と向き合う。心を表現する。葛藤をうまく伝えるって難しい。
坂田さんのセミナーに行くと、すっきりするのはなぜだろう?


不安なことの対策を具体化していくからか。普段のごちゃごちゃした頭が整理されていく感じ。
今回は5月のワークショップのチラシを作った。チラシで言いたいことは教わった通り1つに絞る。
私の絵を通して伝えるもの伝わるもの…。
毎回、脳が働いて帰ってきます。笑。
坂田先生ありがとう!

 

前の記事

「未完だったのか!」

次の記事

コロナの勝手ですか?