【食レポ】木偶の坊

まずは、お通し(300円)。

厚揚げの上に大根おろしとシラス。

間違いない組み合わせ。一口食べてみるとやっぱりおいしい。

 

さて、お通しを食べながら次の注文を選びましょう。

再びメニューを開きます。

まぁ、いろいろあるのですが、「木偶の坊」に来たらマスト!っていうメニューがあります。

それは、「さんまのまんま」。

どんな料理なのかは後程レポートしますが、注文してから少々時間がかかる料理なので、まずは最初に注文することをお勧めします。

 

ひとまず、さんまのまんまは注文して、あと2品「玉子焼き」と「もつ煮」を注文することにします。

「もつ煮」は冬季限定メニューです。

 

二品目。

玉子焼き(650円)

 

分厚くてとてもおいしそう!!

あたたかいうちに食べましょう。

大根おろしに醤油を少々垂らして、それを玉子焼きに乗せて食べる!

出汁でほのかに味付けされていて、香りもよく、三つ葉の食感が心地よいです。

ん~。おいしい。

 

三品目。

もつ煮(500円)

 

見てください! このボリューム!

これで500円ですよ。なんというお得感。

七味を少々ふりかけて、見るからに味がしみている大根からいただきましょう。

良く煮込まれていて、味がよくしみています。温かさが沁みる一品ですね。

冬ならではの感覚。冬季限定なのは、やはりこの感覚を大事にしているからでしょうか。

はぁ~。あったまる。

 

続いて、四品目。

さんまのまんま(850円)

 

どーーーーーーーーーーん!

見事なさんま一尾。どやぁっ!って感じの料理です。

すごい迫力だろ。ウソみたいだろ。850円なんだぜ。それで。

あまりの迫力に思わずタッ〇化。

 

見た目は押し寿司っぽいんですが、お寿司ではありません。

海苔に巻いたご飯をさんまと一緒に?こんがり焼いた料理です。

そして、注目していただきたいのが、左側にちんまりと乗っている頭。

この頭にもしっかりとご飯が詰められています。

頭にご飯ですよ! スイーツ(笑)とか、脳筋とか言うのは聞いたことありますが、ご飯は聞いたことありませんでしたよ!!

なんて言えば良いんですか!? 脳飯ですか!? 脳飯(驚)と呼べばいいんですか!?

クレイジー! フー!

 

さて(落ち着きを取り戻して)、さっそくかぼすを絞って大根おろしに醤油を垂らして脳飯(驚)さんまのまんまをいただきましょう。

せっかくなので頭から行ってみたいと思います。

普段食べないところなので、少し緊張しますが、一口でぱくりと行ってやりました。

固くてとげとげしていると思っていましたが、そんなことはなく、ぱりぱりとした食感で香ばしさがあります。

食べにくいということはありませんので、見た目の抵抗を乗り越えて是非食べてみてください。

 

続いて、身の方。一口で行くにはやや大きい。

肉厚のさんまとともに半分かじりつきます。そうですね、上品に食べられる料理ではないかもしれません。

さんまの香ばしさとうまみ、こんがり焼かれた海苔と、おこげのようになったご飯のぱりぱりな食感。

なんだろう豪勢な焼きおにぎりを食べているような感じ。

とっても食べ応えがあっておいしいです。そう、何より食べ応え。

小食な方には1尾はつらいと思います。僕もこの料理の前にお通し含めて3品食べていますので、食べきった頃には満腹でした。

二人で1尾がちょうど良いと思います。

ふぅ。まんぷく。

 

お会計は、焼酎お湯割り1杯と料理で、2700円でした。

リーズナブル。

 

「木偶の坊」さん。ごちそうさまでした。

 

僕の調べた限りでの「木偶の坊」さんの情報は以下の通りです。

定休日:毎週日曜

営業時間:17:00~23:00

https://nakagami-dekunobou.jimdofree.com/

詳細については、「木偶の坊」さんにお問い合わせください。

 

 

では、みなさんもおいしいお店に出会えることを願っています。